経理

東洋経済报道了疫苗的进展;2002年上市的日本仅次于日本交通公社(JTB)的旅游企业HIS国际旅行社(爱智思之旅)首次出现赤字;采访了Square Enix的社长,公司的代表作《最终幻想》;日本开始推进纸发票业务。


経理,直接翻译称中文就是“经理”。该词在日语中的意思是“会计、经营”。

「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトの記者会見(写真:ロボットペイメント)

経理 [けいり] [keiri] ①
もっと [もっと] [motto] ① 【副词】1.更,更加
自由 [じゆう] [jiyuu] ② 【名・形容动词/ナ形容词】
ナ形容词修饰动词:要把词尾「だ」变成「に」再接动词。这种用法又可称作ナ形容词的副词用法。
ナ形容词修饰名词:把词尾「だ」变成「な」再接名词。
另外,ナ形容词简体形的过去时也可以修饰名词,即「ナ形词干+だった+名词」表示事物过去的性质、状态等。
プロジェクト [プロジェクト] [purojekuto] ②或③ 【名词】1.【英】project
記者会見 [きしゃかいけん] [kishakaikenn] ⑤ 【名词】1.记者招待会。 写真 [しゃしん] [syashinn] ◎
ロボット [ロボット] [robotto] ①或② 【名词】1.【英】robot;
ペイメント [ペイメント] [peimennto] 1.[支払い]支付;[償還]偿还.支付;报酬 (英) payment

「うちの会社では経理部だけが緊急事態宣言中でもほぼ出社。6月以降も変わらない」
ある卸売業で経理担当として勤務する20代女性はそう嘆く。
そんな中、7月2日から始まったのが、経理の新しい働き方を提言するプロジェクト「日本の経理をもっと自由に」だ。紙の請求書の電子化を推進する取り組みで、旗振り役は「請求管理ロボ」という請求業務の削減や自動化などを実現するクラウドサービス提供企業「ROBOT PAYMENT」(ロボットペイメント)だ。


経理部  [けいりぶ] [keiribu] 【名词】1.财务部
緊急  [きんきゅう] [kinnkyuu] ◎ 【名・形容动词/ナ形容词】1.紧急,急迫。
事態  [じたい] [jitai] ①
宣言  [せんげん] [senngenn] ③ 【名・他动词・サ变/三类】1.宣言,宣布,宣告。
中  [じゅう] [juu] 【名词】1.期间【接头/接尾】1.表示整个期间或区域全,整.
ほぼ  [ほぼ] [hobo] ① 【副词】1.大体,大略,大致。

以降  [いこう] [ikou] ① 【名词】1.以后,之后。
変わる  词形变化: [変わる]是[変わらない]的原形形式[かわる] [kawaru] ◎ 【自动词・五段/一类】1.变,变化;

卸売業  [おろしうりぎょう] [orosiurigyou] 1.批发商
担当  [たんとう] [tanntou] ◎ 【名・他动词・サ变/三类】1.担任,担当,担负。
勤務  词形变化: [勤務]是[勤務する]的原形形式[きんむ] [kinnmu] ① 【名・自动词・サ变/三类】1.就职,工作,职务。
女性  [じょせい] [josei] ◎ 【名词】1.女性。妇女;阴性。
嘆く  [なげく] [nageku] ② 【自他・五段/一类】1.慨叹,叹惋。2.叹息,叹气。悲叹,哀叹。
新しい  [あたらしい] [atarashii] ④ 【形容词/イ形容词】1.新的。
プロジェクト  [プロジェクト] [purojekuto] ②或③ 【名词】1.【英】project
自由  [じゆう] [jiyuu] ② 【名・形容动词/ナ形容词】1.自由
提言  词形变化: [提言]是[提言する]的原形形式[ていげん] [teigenn] ◎或③ 【名・他动词・サ变/三类】1.建议,提议。
請求書  [せいきゅうしょ] [seikyuusho] ⑤或◎ 【名词】1.订单,账单,申请书。
電子 [でんし] [dennshi] ① 【名词】1.电子。
推進  词形变化: [推進]是[推進する]的原形形式 [すいしん] [suishinn] ◎ 【名・他动词・サ变/三类】1.推进,推动。
取り組み  [とりくみ] [torikumi] ◎ 【名词】1.解决;认真对付。
請求  [せいきゅう] [seikyuu] ◎ 【名・他动词・サ变/三类】1.请求。索取。要求。
自動化  [じどうか] [jidouka] ◎ 1.自动化
クラウド [くらうど] [kuraudo] ② 1.【英】 cloud ;云。
サービス  [サービス] [saabisu] ① 【名・自动词・サ变/三类】1.【英】service ;


ラムネ

Ramune is a Japanese carbonated soft drink. It was introduced in 1884 in Kobe be the Scottish pharmacist Alexander Cameron Sim. The name is derived from a Japanese loanword of the English word lemonade.

弹珠汽水,波子汽水,在1872年起源于英国,1884年传入日本。
ラムネ  [ラムネ] [ramune] ◎ 【名词】1.【英】lemonade ;清凉饮料、日式汽水、柠檬水。
イチゴ  [イチゴ] [ichigo] ◎ 【名词】1.草莓,杨梅。
味  [み]
メロン [メロン] [meronn] ① 【名词】1.【英】melon ;
ブルーベリー [ブルーベリー] [buruuberii] ④ 【名词】1.【英】blueberry。
パイン  [ぱいん] [painn] ① 【名词】1.【英】pine ;
オレンジ  [オレンジ] [orennji] ② 【名词】1.【英】orange;

ラムネ (清涼飲料) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ラムネ_(清涼飲料)

サマリー
ラムネは、玉詰びんに詰められた炭酸飲料 のことである(「玉詰びん」の詳細については後述)。「ラムネ」という名称は英語の「lemonade レモネード」が転訛したもの(日本で音が変化したもの)である。別の言い方をすると、ラムネとは「玉詰びん」という特徴ある瓶に詰められた レモネード(サイダー)のことである。実際、サントリーのFAQではラムネとサイダーの違いについて「経年で定義の差は曖昧になり、容器で区別している」としている。


概要 [がいよう] [gaiyou] ◎ 【名词】1.概要
ラムネは「玉詰びん」という特徴ある瓶に入れられた、英語圏で「レモンライム」と呼ばれる 柑橘の香りのする甘酸っぱい炭酸飲料のことである。「玉詰びん」という容器と、レモネードという中身が組み合わさっているところがラムネの要点であり、レモネード(サイダー)を普通のビンに入れただけでは一般に「ラムネ」とは呼ばない。 そして「ラムネ」は複数のメーカーによって作られており、特定メーカーのブランド名ではなく、一般名称、一般的カテゴリ名である。この容器と中身の組み合わせ …

関連法規と製造業者
関連  [かんれん] [kannrenn] ◎【名・自动词・サ变/三类】1.关联,联系
ラムネの製造は、中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律(中小企業分野調整法)に基づき、(「びん詰めコーヒー飲料」や「豆腐」などと同様に)中小企業にのみ生産が許されており、大企業は製造に参入できない。
具体的な製造業者については#日本の主なラムネ製造メーカーの節を参照。

容器 [ようき] [youki] ①
独特の形状の瓶は、1872年にイギリスのハイラム・コッド(英語版)が米国特許 を取得したものが元になっており、英語では「コッドネックボトル」と呼ばれる。日本語では「ラムネ瓶」「玉詰め瓶」とも呼ばれる。
ラムネはこの玉詰め瓶(コッドネックボトル)という特徴ある容器と、中身の柑橘風味の炭酸飲料が、がっちりと組み合わさった状態で人々から認知されている商品であり、かつては炭酸飲料やサイダ…

中身の飲料の変種
中身  [なかみ] [nakami] ② 【名词】1.容纳的东西。2.内容。3.刀身。
飲料  [いんりょう] [innryou] ③ 【名词】1.饮料。
変種  [へんしゅ] [hennshu] ◎

基本の柑橘風味の炭酸飲料だけでなく、 イチゴ味やメロン味といった非柑橘系フルーツ風味のラムネも存在し、これらはレモネード(レモン水)という原義に立ち返れば、明らかに語義矛盾である。しかし、これらのバリエーションラムネの存在は「ラムネとは日本で独自の発展を遂げた独特の容器に封入されたフルーツ系の風味のついた炭酸飲料」と広く認識されていることの証左と捉えれば、「ラムネはラムネ」であり、レモネードとは別種の飲料であると了解しうると指摘されている 。実際に缶チュー …

日本の主なラムネ製造メーカー
主な  [おもな] [omona] ① 【形容动词/ナ形容词】1.主要的,重要的。
製造 [せいぞう] [seizou] ◎ 【名・他动词・サ变/三类】1.制造。
メーカー  [メーカー] [meekaa] ①或◎ 【名词】1.【英】maker ;

• 川崎飲料
• ハタ鉱泉
• トンボ飲料
• 木村飲料
• トレボン食品

外部リンク
• 日本大百科全書(ニッポニカ)『ラムネ』 - コトバンク
• ラムネ - 全国清涼飲料協同組合連合会
• ラムネの秘密 - 倉敷鉱泉株式会社

Last update: 2020-07-23|Pageview:119
Research Blog: EC | EC_INFO | EC_WORK |


BypResearch