門松

过年时在家门口摆设以松枝做成的“门松”,迎接年神降临。

起源于日本平安时代人们带回松枝作为新年装饰品的习俗;而现今的“门松”样式,则起源于室町时代。

迎接年神造访

毎年正月になると、豊作の神である年神が各家庭を訪れると信じられていました。年神が寄り付くものとして、門松が られるようになりました。神が寄り付くものを依代といいます。

日本人相信每年一到正月,丰收之神——年神便会拜访每个家庭。为了有一个作为年神依附、靠经的东西,所以装饰“门松”。而神灵所依附的东西,日文称为“依代”。

Last update: 20180313|Pageview:504
Research Blog: EC | EC_INFO | EC_WORK |


BypResearch