顔真卿

「顔真卿」名筆一堂に

 特別展「顔真卿(がんしんけい) 王羲之(おうぎし)を超えた名筆」(毎日新聞社など主催)が、東京都台東区の東京国立博物館で24日まで開かれます。(詳細はこちら



It is taking long to view the work Draft of a Requiem to My Nephew (National Palace Museum, Taipei) due to overcrowding. Please allow yourself sufficient time to spend at the museum.
Twitter@ganshinkei2019

Outline

Unrivaled Calligraphy:
Yan Zhenqing and His Legacy
January 16,2019(Wed)-February 24,2019(Sun)

During the Tang dynasty of China(618-907), three great calligraphers - Ouyang Xun(欧阳询), Yu Shinan(虞世南), and Chu Suiliang(褚遂良) - perfected the style known as “standard script.” While inheriting the tradition they established, Yan Zhenqing (709-785) succeeded in establishing his own style of calligraphy, which would have tremendous influence for ages to come. Bring together exquisite works from collections in Japan and abroad, this exhibition will explore Yan Zhenqing and his work, its influence on future generations, and its reception in Japan.
*See the list of works for the rotation schedule.



女優 吉岡里帆[じょゆう] [joyuu] ◎ 【名词】1.女演员。 
心が技術上回る
心が技術を上回る瞬間がある。顏真卿の「祭侄文稿(さいてつぶんこう)」は、それを具體的に示しています。書かれた文字の意味をしっかりと理解して見るのは、とても大事なことだと思います。ただ、知らず知らずに眺めただけで、感受性に応じて感じるものが、必ずめります。 奇麗に書くというより、殘そう、何かを記錄しなければならない、と書いた文字の魅力が詰まっている。
确かに美しく整った线质の书にはため息がでま。しかし、心が苦しかったのだろうな、どんなふうに思ったのだるう、という感じを受ける书作品はとても贵重です。私の仕事も自分自身を削ぃながら演じた时の方が、お客样が何を受け取ってくださると感じています。


制硯師 青栁貴史 (栁,拼音:liǔ .【柳】的异体字.见国务院2013年6月5日公布的《通用规范汉字表》附件:1.规范字与繁体字、异体字对照表.)
墨する姿想像して
アジア圈內でもっとも古い文房具のーつがすりです。 現代の通信手段であるスマートフォンは2年ほどで買い替えなければいけませんが、書狀という最古の通信の道具であったすずりは、1200年前のものでもまだ使われています。そんな長いすずりの文化史の中でも重要時期に生きたの顏真卿です。
端溪(たんけい)と歙州(きょうじゅう)というニつの有名なすずりがそのころ誕生しました。僕にとって、好奇心と研究心をかきたてられる時代です。肉筆の強い線だけでなく、その中に埋沒している粒子感、にかわの放出量などを見ていただきたい。
顏真卿がどういう気持ちで墨をすったか想像しながら、ゆったり鑒賞してもらえればうれしいです。



Last update: 2019-02-18|Pageview:347
Research Blog: EC | EC_INFO | EC_WORK |


BypResearch